みずほ銀行カードローン

タカシ・通常タカシ
ゼニソクさん!みずほ銀行のカードローンはどんな特徴がありますか?
ゼニソク・通常ゼニソク
細かな説明は今からしたるからよ~聞いとくんやで!
タカシ・笑顔タカシ
ありがとうございます!

みずほ銀行カードローン基本情報

参考にしてや!みずほ銀行カードローンはこんな人におすすめ!

  • ●低金利で借りたい!みずほ銀行カードローンは銀行カードローンの中でも超低金利を実現!
商品名実質年率遅延利率
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%-
保証会社申し込み年齢在籍確認方法
オリエントコーポレーション満20歳~66歳以下電話
借入限度額パート・バイト専業主婦
10万円~800万円
-
-
WEB完結返済方式返済日と方法
残高スライド毎月10日

※住宅ローンのご利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。

みずほ銀行カードローンから最短でお金を借りる方法

今日中にどうしてもお金が必要!という方はこちらをご覧ください!

みずほ銀行カードローンを借りる方法は事前にみずほ銀行口座を持っている事が絶対条件です。口座がない場合でも、カードローンのお申込みと同時にみずほ銀行口座のお申込みが可能です。

口座を持っている場合はカードローンの申し込みをネットで行い、必要事項を記入後、審査結果を待ちます。

審査結果が問題なければ必要書類をスマホやデジカメで撮影し、登録用URLに画像を登録して下さい。その後、連絡がきます。

銀行カードローンの注意点

銀行カードローンすべてに言えることですが、銀行が提供しているカードローンは借り入れできるまで消費者金融よりも時間が掛かります。

みずほ銀行カードローンの申し込みについて

みずほ銀行カードローンは満20歳以上66歳未満の「安定した収入のある人」なら誰でも申し込みが可能。

ただし、あくまでも申し込みが可能なだけであって実際に審査を受けてみないと借りられるかどうかは分かりません。また、銀行カードローンは総じて消費者金融よりも審査が厳しいといわれています。

みずほ銀行カードローンの審査を受ける前に

みずほ銀行カードローンを作る場合は必ずみずほ銀行の口座が必要になります。みずほ銀行の口座がない場合、まずは普通預金口座を開設してからカードローン審査に移ります。

みずほ銀行の普通預金口座を持っている場合はカードローンの申し込み後すぐ審査に移ります。そのため、みずほ銀行の口座を持っているかどうかで申し込みから融資までのスピードは大きく異なります。

実際にどのような流れで申し込みから借入まで出来るのか?みずほ銀行の口座あり/なしで比べてみました。

【みずほ銀行の口座を持っていない場合の手続き流れ】

みずほ銀行の口座を持っていない場合、申し込みから仮審査、カードローン口座の開設までに最短でも2週間は掛かるようです。申込方法によっては約一ヶ月近く掛かる事もあるようです。

【みずほ銀行の口座を持っている場合の手続き流れ】

みずほ銀行の口座を持っていると申し込みから審査、カードローンの口座開設まで非常にスピーディ。

上の図を見てもらうと分かると思いますが、みずほ銀行の口座を持っている場合は比較的スムーズにカードローンを作ることができます。

しかし、みずほ銀行の口座を持っていない場合、借入れまでに最長1ヶ月程度かかる場合もあります。他行であれば口座不要で作れる銀行カードローンがあります。

みずほ銀行カードローンで必要になる物とは?

みずほ銀行カードローンの申し込みをする際に必ず必要になるのは、本人確認書類と印鑑です。以下の本人確認書類のコピーを1点用意しておいて下さい。

  • 運転免許証(※1)
  • 運転経歴証明書(※1・2)
  • パスポート(写真および住所記載ページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書(※3)
  • 住民票(※3)
  • 住民基本台帳カード(※1)
  • 在留カード(※1・4)
  • 特別永住者証明書(※1・4)

(※1)変更箇所がある人は両面とも用意して下さい。
(※2)2012年3月31日以前の発行分は本人確認書類として取り扱いできません。
(※3)発行後3ヵ月以内のものを用意して下さい。
(※4)外国人登録証明書は一定期間、在留カード、特別永住者証明書とみなされます。

【注意】本人確認書類は氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限ります。

審査内容により収入証明書の提示を求められる場合があります。その際は以下のいずれか1点を用意して下さい。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

個人事業主、会社経営者の人は「住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書」のうち1点が必要になります。※事業資金には使えません。

みずほ銀行カードローンの在籍確認について

みずほ銀行は電話での在籍確認を行うことがあります。一部の消費者金融では書面でも在籍確認が可能ですが、銀行カードローンは必ず電話での在籍確認を行います。もちろん本人以外に詳しい内容の説明をすることはありません。

また、確認電話は銀行名+担当者名で掛かってきます。本人が不在の場合でも、会社に在籍している事が確認できれば在籍確認は完了です。

もしも自分で電話に出たい場合は在籍確認の電話を行う前に、みずほ銀行のカードローン専門ダイヤルに電話をして下さい。

みずほ銀行で選べる2種類のカードについて

みずほ銀行カードローン2種類のカード

みずほ銀行カードローンでは「キャッシュカード兼用型」「カードローン専用型」2種類から好きなカードを選ぶことができます。既にみずほ銀行のキャッシュカードを持っている場合は兼用型カードの方が1枚で両方利用できて使い勝手は良いでしょう。

まだみずほ銀行の口座を持っていない人もカードローンの申込時に口座開設も同時に行えばキャッシュカード兼用型を使えるようになります。

そして、絶対家族にはバレたくないという人はキャッシュカード兼用型がおすすめ。見た目はキャッシュカードなので家族が利用しなければバレることはありません。

カードローン専用型は借入れや返済といった利用目的に特化したカードになります。みずほ銀行の口座開設は済ませているがキャッシュカードとは別々に持ち歩きたい人。みずほ銀行の口座開設とは別々に申し込みたい人はカードローン専用型の申し込みとなります。

カードの種類利用可能方法開始時期
キャッシュカード兼用型審査結果後すぐに使えます即日利用も可能
カードローン専用型審査後カードが到着すれば利用可能カード到着後(届くまでに1~2週間)

みずほ銀行カードローンの返済方法について

みずほ銀行カードローンでは口座振替(自動引き落し)、ATMやみずほダイレクトによる任意返済といった方法で返済が可能。

みずほ銀行カードローンの口座振替(自動引き落し)について

返済方法の口座振替(自動引き落とし)について

みずほ銀行カードローンの返済方法には、口座振替(自動引き落とし)があります。口座振替は毎月10日(銀行が休みの日は翌営業日)利用残高に応じた返済額を自動支払い(引き落とし)してくれるサービスです。

口座振替を利用すれば、うっかり払い忘れてしまったという事もありません。ただし、口座振替の利用には、みずほ銀行の口座を用意しておく必要があります。

みずほ銀行カードローンで利用できるATMについて

みずほ銀行カードローンATM

みずほ銀行は国内に419の店舗があり、5,647台のATMが設置されています。(平成27年度中間期資料を参考)

駅前や駅ナカ等に設置されているみずほ銀行ATMの他にもローソンやセブン銀行マークのあるATMその他コンビニ等でいつでも好きなタイミングで返済・借入れが可能!

みずほ銀行ATMネットワーク

また、みずほ銀行はメガバンクの中でも、利用できるATMの数が多いのも魅力的。メガバンクの中でNo.1となる6,700拠点のATMネットワークを誇ります。

※自行ATMと、それと同等の手数料で利用可能なATMの拠点数がメガバンクの中でNo.1 (みずほ銀行ATM1,843拠点・イオン銀行ATM4,942拠点 2015年9月30日時点)

みずほ銀行カードローンで利用できるATMの利用時間について

ATMで返済

みずほ銀行ATMの利用時間と提携コンビニATMの利用時間についてのデータは下記になります。みずほ銀行ATMもコンビニATMも土日以外は夜間まで利用可能です。ただし、返済時の利用可能時間は夕方までなので注意が必要です。

みずほ銀行カードローンで利用できるATMの主な利用時間

 月曜日火曜日~金曜日土曜日日曜日
みずほ銀行ATMコーナー7時00分~24時00分終日0時00分~22時00分8時00分~21時00分
8時45分~18時00分(返済・振替)8時45分~18時00分(返済・振替)9時00分~17時00分(返済・振替)9時00分~17時00分(返済・振替)
コンビニATM(イーネット、ローソン、セブン銀行)終日終日0時00分~22時00分8時00分~24時00分
8時45分~18時00分(返済)8時45分~18時00分(返済)9時00分~17時00分(返済)9時00分~17時00分(返済)

※店舗によって利用可能な取引内容、利用可能な時間が異なる場合があります。
※ATMやキャッシュディスペンサーは利用する時間帯によって手数料が掛かる場合があります。
※祝日は曜日に応じた利用時間になります。一部利用できない店舗あり。
※第1・4土曜日の3時00分~5時00分は利用できません

みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」について

みずほ銀行ではインターネットやモバイル端末から24時間利用できる「みずほダイレクト」というサービスを展開しています。みずほダイレクトは入会費や年会費など一切お金が掛からないサービスです。

みずほダイレクトの特徴として、いつでもどこでも自分のタイミングで取引ができる!

みずほダイレクトについて

みずほダイレクトならほぼ24時間営業しているので銀行の窓口やATMが閉まっていても利用することが出来ます。

また、みずほダイレクトを利用すれば自宅や外出先でもスマホで簡単手軽に利用可能。

ATMや振込の手数料が無料になる!

ATMの振込手数料が無料

みずほダイレクトの場合1回あたりのATMや振込手数料が大幅に下がります。さらに、みずほマイレージクラブの会員になると手数料が無料に!

その他にも様々なサービスが盛りだくさん!

みずほマイレージクラブのサービス

みずほダイレクトなら利用時間や手数料だけでなく、様々なサービスを簡単手軽に利用することが可能。無料で使えてとても便利なサービスです。

おすすめの大手消費者金融

おすすめの銀行カードローン

日本お金ばなし